短期雇用特集


苫小牧の企業

NPO法人 もなみ会医療・福祉

精神障がい者を対象に、地域社会の自立を促進するため、社会参加や社会復帰支援に関する事業を行い、啓蒙活動等を通しての精神障がい者理解や精神保健福祉の増進に寄与するすることを目的に活動しています。

サポートセンターあそしえでは、グループ単位で就労しており、製パン作業のほかにも、パソコンを使った就労、座ってできる軽作業などさまざまな仕事があります。

インタビュー

理事長
都築 秀男 さん

御社の事業について教えてください(全般)
障害があっても住みやすい街へ
住みやすい街を共に作ろう
アソシエベーグル

心の病の理解を広め誰もが住みやすい地域づくりを

NPO法人もなみ会は障がいがあっても、『地域で生活したい。』『働きたい』という思いを応援します。当法人は平成3年に任意団体として設立し、主には心の病(精神疾患)を抱えた方のサポートや、その障がいへの理解につながる活動を主要目的とし活動してきました。
精神障がい者は、その障がいそのものに加え、障がいに対する社会的偏見や誤解によって、いわゆる社会的不利益を被り、社会生活上さまざまな困難を抱えています。
精神障がい者が地域で生活するうえでの第二の障がいともいうべき、社会的障壁を取り除き、あるいは克服し「生活者」としての営みを支えていこうとすることが、精神障がい者の社会復帰支援活動です。
「もなみ会」はこうした精神障がい者を対象に、地域社会の自立を促進するため、社会参加や社会復帰支援に関する事業を行い、啓蒙活動等を通しての精神障がい者理解や精神保健福祉の増進に寄与するすることを目的に活動しています。

【平成3年】
もなみ会』設立総会開催
光洋館にもなみ共同作業所設立

【平成4年】
運営補助金交付(1-B型)
通所者数…20名 協力事業所…5ヶ所
苫小牧精神保健協会から助成

【平成5年】
国庫補助金助成
苫小牧市に対し精神障害者地域共同作業所に対する市営バス無料乗車証交付の要望書提出

【平成11年】
光洋町総合福祉会館内に移転
苫小牧市営バス無料乗車証交付

【平成13年】
もなみ共同作業所、主要製品として「和風だし」の販売開始
オリジナル製品第一回展示即売会開催
通所者数増により市補助金が最高ランクに(1-C型)
もなみ会10周年記念セレモニー開催

【平成14年】
北海道精神障害者家族連合会より功績表彰
北海道精神保健協会より功績表彰

【平成16年】
もなみ第二共同作業所開設

【平成17年】
NPO法人格取得

【平成18年】
事業所移転(光洋町1丁目)
障害者自立支援法施行に伴い下記の通りへ事業体制変更。また事業所名を変更する。
もなみ共同作業所⇒地域活動支援センターⅡ型
名称:サポートセンターあそしえ
もなみ第二共同作業所⇒地域活動支援センターⅣ型
名称:アトリエ リアン

【平成20年】
サポートセンターあそしえ、障害福祉サービス就労継続支援B型事業へ移行

【平成21年】
B型事業、ベーグル専門店『アソシエベーグル』オープン

【平成25年】
サポートセンターあそしえ、自立訓練(生活訓練)事業開始、多機能型へ変更

【平成26年】
法人内事業統合
3月30日をもってアトリエ リアン事業終了し、サポートセンターあそしえへ統合

【平成29年】
法人名変更
これまで通称だった法人名『NPO法人もなみ会』を正式名称に変更

御社の事業について教えてください(B型事業所)

サポートセンターあそしえでは、グループ単位で就労しており、製パン作業、パソコンを使った就労、座ってできる軽作業などさまざまな仕事があります。
下記のようなお仕事をお受けいたします。記載がないものでも柔軟に対応致します。

・DM封入作業
・ラベル貼り
・紙箱折・組立て
・ポスティング
・その他軽作業等
・派遣作業
・ホームページ管理
・ホームページ作成
・ネットオークション代行
・その他IT関係

御社の事業について教えてください(アソシエベーグル)
北海道苫小牧市で唯一のベーグル専門店
季節に応じたベーグルを作っています
オンラインショッピングでも買えます

アソシエベーグルは北海道苫小牧市で唯一のベーグル専門店として営業しています。
店舗は畳6畳分と狭いお店ですが、ベーグルほか、冷凍ベーグル、ベーグルラスク、オリジナルチーズケーキ等各種ご用意しております。

『キタノカオリ』他、複数の北海道産小麦をオリジナルブレンド。本来ハード系のベーグルにやわらかさと食べやすさを追求しました。アルカリイオン水を使用することにより、小麦の味がさらに際立ち、もっちとした食感が増しました。
さらに低温長時間発酵することにより、小麦のもつ本来の味わいを引き出しています。