パート・アルバイト特集!


苫小牧の企業

株式会社 北日本広告社IT・情報通信・メディア

昭和32年7月釧路・帯広を含めて道東唯一の総合広告会社として発足。
昭和35年札幌支社開設、昭和39年旭川支社開設と道央圏にも進出、昭和45年機構改革を計り本社管理室を設置し業務の一体化とともにマーケティング指向代理店としての調査部門・制作部門の充実強化を図りました。
以来、常に少数精鋭に徹した社員の自主責任体制を確立、取引先とのより良い人間関係の造成をめざし信頼を確保するとともに、適正な情報活動を通して消費者生活の向上に尽くすことをモットーに、本社をはじめ釧路・旭川・帯広・北見の各拠点共々着実な成績をあげ、道内における屈指の総合広告会社として媒体各社から絶大な信頼をいただくまでになりました。
昭和49年7月、全国ネットの拡大と業績の飛躍を目指し、東京、第一企画(株)(現(株)アサツーデイ・ケイ)と業務提携。
平成17年4月、さらなる発展のため北海道新聞社グループ入りをし、札幌・釧路の2本社制とし、
平成28年4月には旭川支社を本社に、北見・苫小牧・小樽の各営業所を支社にそれぞれ昇格し、3本社・4支社体制としました。
さらに平成30年7月に東京支社を開設しました。

インタビュー

苫小牧支社 支社長
西 敏治 さん

我が社は、知識産業に一端をになう企業として社員個々の能力開発に努め、広告産業の発展に尽力するとともに社会の進歩と文化の向上に寄与することを念願としています。
常に積極性と行動性をもち堅実的経営を行い、企業としての拡大発展をめざし業界における不動の基盤を確立します。
常に少数精鋭主義に徹し、社員の自主責任体制を確立し、高能率、高収益、高配分に努め、豊かな生きがいのある職場づくりをめざし、取引先とのより良い人間関係の造成をめざし、信頼を確保するとともに適正な情報活動を通して消費者生活の向上に尽くし共存共栄をはかります。

AIやIot、ブロックチェーンなど、昨今の目覚ましいテクノロジーの進化により社会・経済が急速に変化を遂げ、広告業界の枠組みも大きく変化しつつあります。そのような環境の中で、当社が果たすべき役割はより一層大きなものになったと考えております。私たちは、マーケティングのプロフェッショナルとして、時代の潮流と変化をいち早く捉え、半世紀以上に渡り北海道で培ってきたネットワーク力、企画・クリエイティブ力を最大限に活かし、革新的で効果の高いソリューションを提供し続けます。
さらに2018年7月より東京にブランチを開設し、北海道の情報発信の拠点としての役割も担いたいと思っています。また、社員のワークライフバランスの充実を図り、“仕事を通じて輝ける”組織作りを目指してまいります。