苫小牧の企業

株式会社東洋食品 北海道支店その他サービス業

当社では、集団給食調理の受託を受け、北海道から九州まで全国展開しており、学校給食とPFI事業では国内最大級の受託実績があります。
「お客様から”信頼”をいただく」をモットーに、毎日子供たちに、安全・安心でおいししい給食を作っています。
保健所レベルの衛生管理で、創業以来50年以上、食中毒事故ゼロ更新中です!

インタビュー

苫小牧第2センター営業所 料理長
横濱 宏和 さん

会社について

集団給食には、学校給食、病院、福祉、寮、保育園、などがありますが、苫小牧市内では、平成24年4月から苫小牧第1学校給食共同調理場、平成30年4月から苫小牧第2学校給食共同調理場の学校給食調理業務を受託されています。
苫小牧第1学校給食共同調理場では1日11,000食、苫小牧第2学校給食共同調理場では1日4,000食と苫小牧市内合計15,000食の学校給食を毎日調理しています。
食数が多く、調理するのは大変ですが、苫小牧市内の子供たちにおいしい給食を食べてもらえるように、日々頑張っています。

苫小牧第1学校給食共同調理場 内 ㈱東洋食品 苫小牧センター
苫小牧第1学校給食共同調理場 平成24年4月より東洋食品で調理業務をしています。
野菜を切栽機でカットしていきます。
温食の調理開始です。
出来た温食をクラス毎に配食していきます。
フライヤーで揚げ物が揚がったらクラス毎に数えて入れます。
お昼の休憩は、自分たちで作った給食を食べます。
苫小牧第2学校給食共同調理場 内 ㈱東洋食品 苫小牧第2センター
苫小牧第2学校給食共同調理場 平成30年4月から東洋食品で調理業務をしています。
納品された野菜の汚れを洗浄しているところです。
温食の調理開始です。
出来上がった温食をクラス毎に配食します。
デザートもクラス毎に数えて入れます。
出来上がった給食を配送車へ積込み各学校へ配送されます。